おぎくぼ歯科の予防とは

自分の歯で一生過ごすために

あなたはどちらを選びますか?

できるだけ自分の歯を残したい

悪くなった歯はインプラントにする

ご存知のようにテレビや雑誌でたびたび紹介されるようになったインプラント治療が普及してきました。
けれどご自身の歯を残す!ことの方がいいですよね。

prophylaxis-pht01.jpg

では、そのためにはどうすればよいでしょう?



とっても簡単なことです。
毎日の歯磨きを正しい方法ですることと
定期的な検診を怠らないことで
虫歯や歯周病を予防すればいいのです。


欧米では歯が悪くなってから歯医者さんに行くのではなく、
悪くなるのを予防するために定期的に歯医者さんに行く

“予防歯科”が重視されています。


では、予防歯科とは何でしょう?

prophylaxis-pht02.jpg

予防歯科というのは、歯を削らない、抜かないことです。
歯の病気には大きく分けて虫歯と歯周病があります。どちらの病気も原因は歯に付着している汚れです。その汚れを定期的に完全に除去して虫歯や歯周病になりにくい状態を作っていくのが予防歯科です。




すべての治療の根底にあるものが予防歯科です。

  • 予防をしていれば何度も面倒な治療に通わなくてすみます。
  • 予防をしていれば治療の緊張を経験しなくていいのです。
  • 予防をしていれば治療のための余分な出費を抑えられます。
prophylaxis-pht03.jpg
  • 痛みを取りたいかた
  • 放置してしまって後悔している方
  • 歯医者さんに行きづらいかた
  • 美味しくごはんをたべたいかた
  • 歯を白くしたいかた
  • 大きな口を開けて笑いたいかた

あなたのお口の中の状態を把握していただき最善の方法で治療します。
残っている歯をできる限り利用して、きちんと噛めるようにします。
きちんと噛めるようになれば、あとは予防をしていけばいいのです。
おぎくぼ歯科ではあなたの歯の健康を維持するために最良の方法で予防歯科に取り組んでいます。

定期健診メニュー

prophylaxis-pht04.jpg

■レントゲン撮影(必要な場合)
■虫歯チェック
■歯周ポケット測定
■口腔内写真
■ブラッシング指導
■歯石除去
■PMTC
■フッ素塗布(必要な場合)
■唾液検査(必要な場合)
■3DS(必要な場合)